月経困難症とは?

日常生活に支障が出るレベルの生理痛を「月経困難症」と言います。
生理痛は個人差があり、年齢と共に軽減されて行く事が多いのですが時期や人によっては生理の間は日常生活に支障が出る事もあります。

症状のカテゴリー
痛み下腹部痛、腰痛、頭痛
消化器官の不調吐き気、下痢、お腹が張る
身体・精神的不調疲労、脱力感、苛立つ、憂鬱になる

このような一般的に生理中に見られる症状が重すぎて病的症状になる場合、医師の診察を受けて原因が何か確認する必要があります。

機能性月経困難症

子宮などに特に疾患はなく、子宮を収縮させる物質が過剰に作られる事が主な原因となります。初潮頃から20代前半頃にかけて、子宮が発達していくのにつれて治っていく事が多いケースです。精神的ストレスや冷え、生活習慣が原因で起きる事もあります。鎮痛剤やピルなどの内服薬の他、体質改善のために漢方薬が処方される事もあります。症状によってはホルモン剤による治療を行うケースもあります。タバコや不規則な生活などが原因の場合は生活習慣の見直しも必要になってきます。

器質性月経困難症

「子宮内膜症」や「子宮筋腫」など子宮に何らかのトラブルがあってそのサインとして痛みが出ているケースです。生理中以外でも痛みが出て来る事もあります。この場合、疾患の治療を行う事で同時に月経困難症の症状の改善を図る事になります。

生理痛がいつもよりひどいと思ったら医師の診察を

日常生活を送れないレベルであればその段階での「異常」のサインとして扱い、適切な治療を受けましょう。特にいつもより生理痛がひどくなった場合は子宮などで炎症が起きている可能性があります。また、生理の出血量が多い人は気付かない間に貧血になっている事がめまいの原因になるなど子宮以外の所でもトラブルが起きている可能性もあります。

実際には疾患があったとしても一般的な症状とは異なるケースもあり、知り合いから聞いた話やネットや本などに書かれている内容と自分の様子を比べるなどで自己診断出来る事ではありませんので医療機関でのチェックが必要です。