生理痛の主な症状

生理中に起こる痛みのことを生理痛と呼んでいます。

引用:バファリンルナi(ライオン株式会社) 公式サイト

生理痛に分類されるのは生理中に起きる下腹部の痛みだけでなく、生理の数日前くらいから生理中に起きる痛みの事を言います。

・腹痛→主に子宮の収縮が原因
・腰痛→生理になると骨盤が開く事や血流が悪くなる事が原因
・頭痛→脳内の血管が生理の影響で収縮または拡張するのが原因

主な症状としてはこの三つの他、生理が来る事で体に起きる不調は他にもあります。

・下痢・吐き気→生理の時は子宮以外の内臓も収縮しやすくなるため。
・発熱→子宮が感染症になっている場合など生理の度に発熱するケースがあります。
・めまい→ホルモンバランスの変動の影響。
・便秘→ホルモンバランスの変動・血流の悪化など原因は複数考えられます。

生理痛が起こる主な原因

生理の時に子宮の中にある物を排出するため、内臓全体が収縮してしまいがちな事が基本的な原因として挙げられます。年齢や体質によって痛みを感じる症状が出る理由がいくつかあります。

プロスタグランジンの過剰分泌
このホルモンは子宮を収縮させる事でその中にある内膜や血液を体外に排出させる働きを持っています。子宮にピンポイントで適切に作用するなら問題はないのですが、これが過剰に分泌されると他の内臓や血管まで影響を受け、下腹部痛の他に腰痛、頭痛、吐き気、下痢などの原因となってしまう事があります。

子宮が硬い
特に初潮から数年は子宮が十分に発達していないので子宮口の周辺が狭くて硬い事があり、内膜と血液の排出がスムーズにいかないために子宮の収縮が大きくなって強い痛みを感じる事があります。

ストレス
長時間の立ち仕事のような肉体ストレス、悩みなどの精神的なストレスはどちらも体に負担をかけるので生理痛の原因になりがちです。脳の中で生理のサイクルを管理している場所と感情に関わる働きをする箇所はとても近いので強いストレスを受けると生理の周期が乱れてしまう他、ホルモンの調節がうまく行かず強い生理痛の原因にもなってしまうのです。